愛知県大府市にある、介護老人保健施設・ルミナス大府の公式ホームページ

Senior voice 先輩の声

ごめんなさい 長い事勤めちゃってます

 H12年4月の開所と共に入職し、早16 年が経過しました。 開所当時は、他セクションのスタッフ共々、右も左も分からない状況で、看護師も介護士も必死になって、ケアの遂行に努めました。結果、看護師も介護士も区別なく利用者の為に、お互いの立場を尊重しながら、現在もケアに取り組む事が出来、開所の苦労を共にしたスタッフが今も9名在職中です。病院と違い、疾患に向き合うケアは、老健では必要なく、複合疾患と向き合いながらも、QOLの向上に努める為のケアが求められ、その為に、包括的な視野が必要で、看護師としての見解重視ではない、多職種との連携・コミュニケーションの重要性を痛感してきた16年でした。人生の先輩と向き合い、自身の未熟さを知り、自身がどうあるべきか、終末期までをどう過ごして行けば良いのかを、学ぶことのできる職場です。だから、おたんこ看護師な私は、今もここに勤められているのだと思っています。

看護課長代理:杉野玉緒

相談し易い職場環境によりこれまで続けられたと感謝しています

 ルミナスの開所から働き16年が経過しました。養成学校を卒業したてで介護に関する知識、経験が乏しかった僕に対し、経験豊富な先輩介護職員、看護師の方々から指導を賜わり現在介護係長として、周囲の協力を得ながら奮闘しています。ルミナス大府は利用者のペースに合わせた介護を心掛け、落ち着いた雰囲気で日常生活の支援が出来ている事。医師、看護、介護、リハビリ、相談員等に壁が無く、話し易く、相談し易い職場環境によりこれまで続けられたと感謝しています。これからも介護理念“その人らしさを大切に一人一人の可能性を見出し安心できる環境を提供する専門職としての質の高いケア” に基づき今まで教わった事、学んだ事を新たに入る職員に伝え、ご利用者様がより良い施設生活を送る事が出来る様、職員全員で支援して行きたいと思っています。

介護係長:石橋浩朗

周りの仲間たちも理解してくれて、励ましてくれました

 私はルミナスの開所当初から介護職として勤めています。これまで、結婚・二度の出産・親の介護と様々な環境の変化がありました。その都度、正職員として勤めていくことが難しいのではないか?と迷いや不安もありました。しかし、周囲の先輩上司の看護師の方々に話を聞いてもらい、勤務の調整もその都度あわせて頂きました。周りの仲間たちも理解してくれて、励ましてくれました。今は、二人の子供も中学1年と小学2年になり、まだ手はかかりますが落ち着いてきました。これからは今、産休育休に入っている仲間や復帰してきた仲間を助けていく立場だと思っています。一人一人にあった働きやすい環境を提供してくれるこの職場と、理解ある仲間に支えられて、働けている私は、この職場に出会えてよかったと心から感謝しています。

介護主任:高井綾子

働ける環境をつくってくれたことにとても感謝しています

 私は介護職の正社員として働いています。産休と育休を取得し2歳の子供がいます。妊娠がわかり上司に相談したら嫌な顔せず受け入れてくれました。すぐに体調に合わせて勤務調整してくれて仲間もいろいろ助けてくれました。復帰後もいろいろ不安がありましたが仲間の理解と助けもあり今にいたります。今こうして働ける環境をつくってくれたことにとても感謝しています。私の後にも産休・育休を取得し復帰した人、これから復帰する人がいます。その人たちのサポートが出来たらと思っています。時々、職場に子供を連れて行きます。ご利用者様に喜んでもらえることが嬉しく思えたりします。

介護士:土田聖子